やすだを観る/観光やすだじん

大心劇場
小松秀吉さん

安田に帰って来て情報を発信するには、
歌と劇場がありました。

安田・中芸に映画の灯を消さないように。

「うちの劇場には50年前のスピーカーがあるんです。田野にあった劇場からもらってきてね。今もセンターで現役で鳴らしてる。シネコンはフル装備、うちは古装備(笑)。今はもう高知市内しか劇場がない時代で、常時の上映は難しいけど、単発の勝手な上映をしながら、映画の灯は消さんようにしたいです」。
山の映画館「大心劇場」の店主であり、ふるさと土佐をテーマに数多くの歌を唄うフォークシンガー「豆電球」として、小松秀吉さんは安田や中芸地区のエンターテイメント情報を出し続けています。安田生まれ、安田育ち。少し大阪にいたけど「長男だから帰らないといけないという風潮があった」と安田へUターンしました。それからは自分たちの畑で農業をしながら父親の映画館を手伝い、副業も持ちながら劇場を続けて来ました。
この劇場を守っていこうと決めてからは、店主として、映写技師として、看板の制作担当として、一人で何役もこなしています。
「劇場を続けるということは機械を回すこと。カチカチ回さないと調子が狂うし、アンプや電機系も月に一回は電気を通さんと。月に一回の上映ですが、ファンも一人、二人増えていって、今に至っているんです。これも映画ファンの皆さんのサポートのお陰ですね。自然の中に劇場があるということは、観終わった人を自然が見送ってくれるということ。そこではお客さん同士や自分たちともコミュニケーションが生まれるんですよ」。

自然体で地域を伝えていきます。

大阪から安田に帰って来た時に、安田から情報発信しなければという思いがあり、そこで「豆電球」につながったと小松さん。ギターを弾いて土佐の高知の歌を唄う。それが県外から見ると情報発信に。地域の歌をつくってそれをアピールしながら、安田と高知県を盛り上げています。
「今は自然体で歌や劇場をやっているだけなんです。でも人からは『それが地域おこしになる』といわれることがあります。僕自身は地域おこしをしているという意識はないんですけど、こうやって自然体にやっていることが、地域おこしになっているというのが、一番無理がない形でしょうね」。
大らかな時間が流れる安田町、その代表といえる小松さんも、自然体で活動を続けていきます。

  • 小松さんにとって安田川は特別な存在のようです。川だからこそ、安らぎや自然の中での遊びができ、子どもたちも伸び伸び育っている。山あり谷あり海が近い。最高の自然環境だといいます。

大心劇場 喫茶「豆でんきゅう」
高知県安芸郡安田町内京坊992-1MAP
Tel 0887-38-7062
喫茶「豆でんきゅう」毎週月曜休み

>大心劇場の情報はこちら

やすだを観る/観光やすだじん

せせらぎの郷 小川
小松羽津美さん

子どもの声に未来を感じるので、
小川地区にもっと響いて欲しいです。

平成11年に東京からUターンしました。

昭和56年、生徒数の減少により小川小学校は役目を終えましたが、その講堂などをリニューアルし、平成17年春にいきいき田舎活動拠点施設「せせらぎの郷、小川」としてオープン。地域住民交流の拠点、自然豊かな田舎暮らしの体験、宿泊場所となりました。宿泊や田舎体験の申込みはなど、利用に関することは安田町教育委員会になりますが、実際に施設管理や体験メニューを実施するのは小川地区の人たちが協力して行います。管理人も同地区に住む小松羽津美さんです。
小松さんはご両親と同居するために、平成11年に東京からUターン。それまでは東京で服飾関係の仕事をしていました。帰郷してからはヘルパーの資格を取得し介護の仕事をしています。そして平成21年3月から「せせらぎの郷、小川」の管理人として、忙しいひと夏を過ごしました。

小川の自然とおもてなしがあります。

「今日の宿泊は大阪、高知で暮らす家族・友人たち十数人のグループです。小川川を堰きとめてプールにしますから、都会の子どもたちは大喜びです。自然の中で思いっきり遊んで欲しいし、元気な子どもたちの声が響いたら、地区の人も元気になります。宿泊施設の利用のほかに田舎体験ができます。例えば田舎寿司づくりやそば打ち体験、こんにゃくづくりなど、いろんなメニューがあり、小川地区の人たちが指導しながら、田舎の味を伝えます。お客さんの中には、田舎の究極の朝ごはんを食べたいとリクエストがあり、人数、金額など相談して対応したことがあります。出来ないことは断りますが、精一杯対応していきたいですね」。
子どもたちのサマースクールやクラブの合宿、大人数の家族・グループ旅行など毎年利用するリピーターも多く、県内外にお客さんが広がっています。

  • 地元の人が子どもたちのプールのために、小川川を板で堰きとめる技を披露してくれました。自然の川がプール。元気な声が小川地区に響きます。

せせらぎの郷小川
問い合わせ/安田町教育委員会
Tel 0887-38-5711
高知県安芸郡安田町小川52-1MAP

せせらぎの郷小川の情報はこちら

やすだを観る/観光やすだじん

TOSATSURU ginio bar KOMATSU
小松浩二さん

土佐鶴酒造の本社に隣接した
ginjo barのご主人が
安田に新しい風を吹かせます。

音楽と共に暮らす日々がありました。

酒店の一角を使ってはじめた「TOSATSURU ginjo bar KOMATSU」は、けっして広くはない店内ですが、テーブルをはじめとした調度品、照明、気持ちの良いボサ・ノバなど、濃密な時間を過ごせる大人の酒場なのです。その店主であり、小松酒店の三代目が小松浩二さん。県内外の人に銘酒「土佐鶴」を地元安田で飲んでもらいたいという想いがあるbarです。
小松さんは高校生のときからバンドを組み、アマチュアコンテストでも優秀な成績を残すなど、音楽と共に青春時代を過ごしました。卒業後は音楽・音響関係の専門学校に進み、その後はエレクトロニカ(電子音楽、コンピューター音楽)のマニアックな音楽を目指しました。インディーズやメジャーでCDデビューを経験し、エレクトロニカの作曲・演奏者として活躍。マルチメディアを研究・実践する東京大学先端技術研究所に参加している頃には、江戸東京博物館内で上映されるビデオの音楽を制作するなど、プロの音楽制作者として過ごしました。

その日の気分に合うお酒を選んでくれます。

高校を卒業してから19年間を東京で住み、実家の小松酒店を継ぎます。クリエイティブな活動をしてきた小松さんだけに、一歩一歩確実に自分の世界を創ろうとします。それが「TOSATSURU ginjo bar KOMATSU」です。
「東京で暮らしている時も『土佐鶴』を飲んでいましたし、まわりからも美味しいって評判も良かったですね。地元に帰ってからも土佐鶴のいろんな種類のお酒を飲み、酒のもつ力強さや香り、コクや旨みなどがわかるようになりました。それを醸造地の安田で飲んで欲しいですね。吟醸酒をグラス一杯350円から用意していますので、少しずつ好みのお酒を探しながら楽しんで欲しいです。好みの味を言ってもらえばこちらでおススメしますし、特別に入荷するお酒もあります」。
2007年4月にオープンし、地元メディアにも数多く取り上げられたお店。幅広い年齢層に支持されているのは、土佐鶴と音楽と、文化を発信する小松さんに魅かれるからでしょう。この雰囲気、是非安田で体験して下さい。

  • 土佐鶴が豊富に揃っています。お土産にもどうぞ。

  • カウンターに貼ってある一枚の色紙、それが尊敬する坂本龍一さんのサインでした。エレクトロニカに進んだ小松さんの憧れの人なのです。

小松酒店 TOSATSURU ginjo bar KOMATSU
高知県安芸郡安田町安田1690MAP

TOSATSURU ginjo bar KOMATSUの情報はこちら
Tel 0887-38-6706
http://wwwa.pikara.ne.jp/komatsu-tosa/