やすだじかん TOP 食Eat 観 See 住Life Access Link Blog Mail
安田川

日本の原風景が残る美しい川。

安田川は馬路村の稗己屋山(ひえごややま)に源を発し、ダムのない川はアユやアメゴなど川魚の宝庫。豊かな川を感じることができます。特にアユは「清流めぐり利き鮎会」で2度のグランプリを受賞するなど、その味は全国屈指といわれています。
流域では今も、懐かしい日本の原風景が随所にみられ、夏場は、川遊びをする家族でにぎわいます。下流域では施設園芸や醸造業などの地場産業にも影響を与えています。安田のシンボルであり、宝物といえます。

安田川であそぶならこちら
せせらぎの郷小川
安田川アユおどる清流キャンプ場
安田川ほたるの里河川公園
アユ釣り情報



事前予約すれば、管理人の吉川邦洋さんが教える本格ピザ焼き体験ができます。
>>くわしくはこちら
安田川アユおどる清流キャンプ場

子どもと大人の、オフの日。

安田川に沿って誕生したキャンプ場は、赤い吊り橋を渡ると東側に木の香りがするキャビン。西側にはメインキャンプ及びオートキャンプサイトを設置しています。
キャンプ場では、新緑の美しさ、夏の川遊び、秋の紅葉、冬の星空観賞など、それぞれ季節の魅力があり、一年中通して楽しめます。
ビギナーの方や、ファミリーの方にも思う存分楽しんでいただけるよう、テントから飯ごう、バーベキューセットまで、キャンプに必要な道具はレンタルできます。

安田川アユおどる清流キャンプ場
住/高知県安芸郡安田町船倉500  ●MAP
電/0887・39・2266
http://www.town.yasuda.kochi.jp/kawa_f.htm

■料金データ
●キャビン(宿泊/16:00〜翌10:00)
 1棟(寝具付)10,000円、1名(小学生以上)800円
 キャビン(昼間/11:00〜15:00)
 1棟(基本料金)3時間まで1,500円
 以後1時間200円
●キャンプサイトA 2,000円(宿泊)、
 1,000円(昼間)
●キャンプサイトB 2,500円(宿泊)、
 1,500円(昼間)
●オートキャンプ1区画 3,500円(宿泊)、
 3,000円(昼間)
[宿泊/13:00〜翌12:30、 昼間/9:00〜16:00]
●シャワー室1回(5分間)100円、毛布、
 寝袋などレンタルあり


島石ピクニック広場

森林浴と清流の音で心が癒されます。

安田町北部、馬路村近くに位置する公園で、「島石神社」を中心に遊歩道が整備されています。広場は、安田川を挟んで対岸に位置しますが、赤くて小さな吊橋が架かっており、周辺は鮎釣りの絶好のポイント。広場入り口には、休憩所を兼ねた東屋が建てられています。また、近くには旧魚梁瀬森林鉄道の遺構「釜ヶ谷桟道」「釜ヶ谷橋」もあります。

島石ピクニック広場
問/安田町経済建設課
電/0887・38・6714
住/高知県安芸郡安田町瀬切264 ●MAP

せせらぎの郷 小川

一泊2,000円〜、自然の河川プール付き。

1981年、生徒数の減少により小川小学校は役目を終えましたが、その講堂などをリニューアルして、2005年春に「せせらぎの郷小川」となりました。ここは地域住民交流の拠点、そして自然豊かな田舎暮らし体験・宿泊場所として活用。小川川を堰きとめた河川プールもあります。
宿泊料金は驚くほど安く、布団を持ち込めば大人が一人2,000円〜2,500円。(寝具は別途一人1,000円)。田舎料理体験をはじめ、小川地区の人たちと交流すれば、一層楽しい旅になります。

せせらぎの郷小川
問/安田町教育委員会
電/0887・38・5711
*1週間前までに予約が必要
住/高知県安芸郡安田町小川52-1 ●MAP
http://www.town.yasuda.kochi.jp/kawa_f.htm

●料金データ
客室は1室。一度に12名まで宿泊可能。
当日利用、素泊まりなど施設利用時間によって3タイプの価格設定あり。
日帰り利用  (10:00〜16:00)は500円。
夜間利用宿泊有(16:00〜翌日9:00)は2,000円。
終日利用宿泊有(10:00〜翌日9:00)は2,500円。
(一人分の料金ですが、小学生は半額、小学生未満の方は無料。)
寝具貸出(一人・1,000円)。
自炊可・食器類有。(食材は各自ご用意ください。)
11人以上の団体で利用する場合は、施設利用料が1割引き。
ただし、高校生以下の方だけでの利用はできません。


管理人の小松羽津美さんが「観光 やすだ人」に登場。
>>くわしくはこちら

民宿 浜吉屋

88歳の元気なおかみさんがお出迎え。

28歳で民宿をはじめ、現在89歳になるという看板おかみがいる「浜吉屋」。一階と二階合わせて11部屋あり、お遍路さんを中心に、長男と二人で民宿を切り盛りしています。「お遍路さんは朝が早いので、一般のお客さんとは部屋を離して、どちらにもゆっくり休んでもらいます」という細やかな気配りも。地元食材を使った家庭料理も評判で、リピーターも多くいます。

民宿浜吉屋
電/0887・38・6589
住/高知県安芸郡安田町唐浜1226 ●MAP

民宿ドライブイン27

お遍路専門のお宿です。

お遍路さんをお接待で泊めているうちに民宿となり、今でもお遍路さん専用にした宿です。「毎年野宿で四国八十八か所を回りますが、27番(神峯寺)だけはおばあちゃんが好きでドライブインに泊まります」という声もあるなど、全国におかみファンがいます。料理はカツオのタタキを中心にした家庭料理。近年は外国人の遍路客も多いそうです。

民宿ドライブイン27
電/0887・38・3727
住/高知県安芸郡安田町唐浜2375-1 ●MAP

民宿きんしょう

自家製お米と心のこもった料理。

よさこい高知国体の選手を受け入れたのがきっかけで、結婚式場だった施設を活かし、2003年に民宿として営業をスタートしました。12畳の部屋が2部屋、10畳の部屋が3部屋と広々しています。おかみさんは「田舎ならではの料理を食べて、ゆっくりお風呂に入って休んでほしいです」。お米は自家製で、地元の魚や野菜を使った料理が並びます。

民宿きんしょう
電/0887・38・7890
住/高知県安芸郡安田町唐浜2374-1-2 ●MAP

安田川ほたるの里河川公園(花と香りの広場)

ボランティアがつくる花壇に注目。

川にほたるがいる風景、自然との共生をテーマにした「安田川ほたるの里河川公園」です。川の中州を利用し、中央を通る道路を境に、上流側が小川を配した「ホタル」の自然飼育ゾーン。下流側が木製遊具、小山やミニ屋外ステージなど子どもたちの広場として整備され、上空から見るとホタルに見えるようになっています。また「花と香りの広場」とも呼ばれ、芝生広場など、園内の一部を花壇としてボランティア活動により、維持管理をされています。

安田川ほたるの里河川公園(花と香りの広場)
問/安田町経済建設課
電/0887・38・6715
住/高知県安芸郡安田町内京坊23 ●MAP

花のボランティアを代表して、小島さんご夫婦が「やすだで暮らす人の横顔」に登場。
>>くわしくはこちら

神峯山空と海の展望公園

手に雲が届くほど空に近い場所。

神峯山の山頂にあり、そこから23mの展望塔をあがっていくと、頭の上を流れてくる雲に、手を伸ばせばつかめそうな感覚になるほど、空と近い場所まで来ています。自然の景観を生かした公園として整備され、気候等の条件が良ければ、遥か室戸岬から足摺岬までが一望できます。

神峯山空と海の展望公園
問/安田町経済建設課
電/0887・38・6715
住/高知県安芸郡安田町隆見 ●MAP

九丁公園・神峯神社の大樟

神峯のみち。

標高620メートルの神峯山。春に神峯寺周辺を散策やピクニックすれば、雄大な眺望や新緑の香り、鳥のさえずりが聞こえ、とても気持ちがいい場所です。桜の名所といわれる「九丁公園」には約800本のソメイヨシノが植えられており、この見事な桜の下でお花見をする町内外の人で賑わいます。また、樹高15m、幹周り6.1m、推定樹齢900年といわれる大樟(高知県指定天然記念物)や、神峯の森は杉の巨木が立ち並び、その美しさは際立っています。神峯寺や展望公園とあわせて立ち寄ってください。

九丁公園・神峯神社の大樟
問/安田町経済建設課
電/0887・38・6714
住/高知県安芸郡安田町神峯山 ●MAP

やすだじかん
ページトップへ